MENU

低金利の銀行カードローンなら10万円の利用も15.0%以下

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングを比較すると、銀行は金利が低いというメリットがあります。少額の借入れならばそれ程の違いは感じられないものの、借入れが高額となるとその違いは大きなものとなって行きます。

 

それでも銀行カードローンは審査に通り難い、初めの利用限度額は10万円、即日キャッシングが難しいという事が言われています。このような厳しい基準はありますが、低金利を重視したい人は銀行カードローンに申し込みをしてみると良いでしょう。

 

その場合には三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行ならば、審査をするのは消費者金融のアコムやプロミスとなっているので審査が早く、即日融資も可能となります。

 

 

 

 

【大手銀行カードローンの金利とは】

 

銀行カードローンの金利を見ると、例えばみずほ銀行ならば4.0%〜14.0%となっています。この金利には10%の幅がありますが、4.0%の金利で誰もが借りられる訳ではありません。それぞれの人の銀行から設定をされた借入限度額に応じた金利が設定されるので、金利を調べる時には自分が借りたい金額と表示されている金利を照合する事になります。

 

 

 

〈みずほ銀行の利用限度額ごとの金利〉

 

みずほ銀行には8段階の金利設定があります。最も少ない借入れでは10万円以上100万円以下となっています。この範囲の借入限度額に適用される金利とは、先程も触れましたようにみずほ銀行カードローンでの最高金利である14.0%が適用されます。みずほ銀行では1,000万円が利用の最高限度額となっているのですが、800万円〜1,000万円までの利用で初めてみずほ銀行カードローンの最低金利である4.0%が適用されます。

 

因みに消費者金融での最高限度額として多い500万円をみずほ銀行カードローンで借りる場合は、500万円〜600万円という事で5.0%となります。消費者金融で500万円を借りる事ができる人は限られると思いますが、もしこのような高額利用をした場合にはアコムの場合では4.7%となります。この数字だけを見ると消費者金融のアコムの方が若干金利や安い事に気付くでしょう。10万円以上100万円以下では14.0%である為に、アコムで同じ金額を借入れした場合18.0%となるので、やはりみずほ銀行カードローンの方が遥かに金利が低いです。

 

この事から銀行カードローンと消費者金融のキャッシングとの金利を比較する時にも、自分の利用をしたい金額で比較をする必要があると言えます。

 

ただし忘れてはいけないのは、消費者金融には総量規制があるという事です。年収の1/3以下までの借入れという制限があるので、500万円をアコムで借りるには1,500万円の年収が必要となります。一方銀行カードローンでは総量規制は対象外となっているので、それ程多い年収が無くても500万円を借入れできる可能性はあるでしょう。このような事では金利だけで借入れ先を選択する事ができないという事も言えるでしょう。

 

 

 

〈三菱東京UFJ銀行の金利について〉

 

三菱東京UFJ銀行の金額別の金利では、先程の例では500万円を借入れるならば金利は4.6%となり三菱東京UFJ銀行カードローンの最低金利となります。みずほ銀行で500万円以上の借入れでは5.0%の金利でしたので、500万円の借入れならば、みずほ銀行よりも三菱東京UFJ銀行のカードローンを利用した方が金利がお得という事になります。

 

このように銀行によっても利用をする金額によって金利が違って来るので、金額ごとの金利を比較してみると良いです。

 

それでもこのような希望額を借入れるには、初回の借入れでは難しいと言えます。銀行カードローンでも最初の利用では多い人では100万円という事もありますが、10万円からとなる人もいます。借入限度額を徐々に増額して行く事で高額利用ができるようになるのは、消費者金融のキャッシングと同様です。

キャッシング1万円借りたい業者は全国各地にたくさんあります

キャッシング業者は全国各地にたくさんあり、CMや看板などを見て知っている方も多いでしょう。しかし、現実にキャッシングを使ったことがない人にとっては、金利や計算方法など不安でしかたないものです。
キャッシング業者におけるサイトでは、自分は借り入れすることが可能かの簡易審査や返済するときのシュミレーションなどをすることが可能なので便利です。
私はいろんな消費者金融から融資を受けていたのですが、返すことができなくなって、お金を借りたいをしなければならなくなりました。
お金を借りたいにも様々な方法があり、私が行った方法は自己破産です。自己破産すると借金が清算され、気持ちが楽になりました。家族に言わずに借金をしていたところ、とうとう払えなくなり、お金を借りたいする事になりました。かなり多額の借金があるため、もう返すことが出来なくなったのです。

 

話をしたのは巷の弁護士事務所でかなり安い金額(1万円借りたい)で債務整理をしてくださいました。キャッシングのWEB明細サービスを使うことにより、家族に見つかることなく借り入れを行うことができるでしょう。キャッシングを用いることは非難されるようなことではありませんが、家族に知られないようにしたいという人も多くいます。
サービス利用明細が届いて見つかってしまうケースも多いので、オンライン明細を利用するのがベストです。
まとめて返済することが可能な少額キャッシングなら、利息を発生させない期間を設けている金融業者を契約されるとよろしいでしょう。利息が発生しない期間中に借りたお金を総て返せば利息が一円も発生しませんからたいへん有用です。
一時に全額を返済しない場合でも、無利息期間を設定している金融業者の方が良い条件でお金を借りられることが多いですから、じっくりと比較してみてください。

 

1万円借りたい消費者金融を利用してお金を借りた人が行方不明になったケースでは、借りているお金に時効というのは設定されているのでしょうか?あるとすれば、どこへ行ったか分からなくなったものとして、人があまりいない田舎にでも隠れて時効が過ぎたら帰ってくるなどという発想をする方もいるのではと思われるのです。

 

金融機関によっては借りることのできる限度額が違い、小口や即日の融資のみでなく、300万円や500万円といった大きい融資も受けられます。
申し込みをしてから融資されるまでが早く、すぐにお金を手にできますので、非常に便利です。カードを使って借りるというのが一般的と思われます。

 

キャッシングの審査が通るか不安な方は金融業者のサイト上に大抵ある簡易審査を活用すべきです。
それは匿名でいくつかの項目に答えるだけで融資するのに問題がないか瞬時に審査してもらえる優れた機能です。ただ、これを通過できたからといっても本審査であっても必ず通過できるとは限りません。当社の借り入れを初めて取引する場合には、最大で30日間金利は必要なく0円でご利用いただけます。スマホアプリ「アコムナビ」を使用すれば、書類提出機能を利用できますし、現在地より最も近いATMをご検索可能です。

 

 

返済プランの計算も1万円から用できますので、お金を借りたいを行っても生命保険をやめる必要がないことがあります。

 

任意整理を行っても生命保険をやめる必要はありません。
注意しなくてはならないのは自己破産をすることになる時です。
自己破産をする際には裁判所から生命保険を解約するように命じられることがあります。

 

http://1万円借りる.net/